日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


序 心学への道

―石田梅岩に見る日本人の倫理観―

心学参前舎舎主 小山止敬

 

丹波の国に生まれる

「今、なぜ石田梅岩か」―これは、昨年十月に開かれた「心学開講二七〇年記念シンポジウム」の大きなテーマでもありましたが、ここでは心学の現代的意義について述べる前に、まず石門心学を創(はじ)めた石田梅岩の生涯と心学のその後について、簡単に振り返ってみることから始めたいと思います。

石田梅岩の伝記としては、梅岩没後六十一年目の文化二年(一八〇五)に京都で出版された『石田先生事蹟』が、最も信頼のおけるものとなっております。

それによりますと、石田梅岩は、貞享(じょうきょう)二年(一六八五)、丹波国桑田郡東懸村(たんばのくにくわたごおりとうげむら)(現在の京都府亀岡市東別院町(ひがしべついんちょう)東掛)に生まれました。本名は興長(おきなが)、梅岩はその号であります。呼び名を勘平と申しました。父の名は権右衛門、後に頭を剃って浄心と言いました。母の名前はたねで角某(かどなにがし)から嫁いできたということであります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
20,632

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から