日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究ー報告書ー

 事業名 奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


(漁業)

伊唐漁港に本格的な水揚施設はなく、長島(東町)の薄井漁港へ直接水揚げするケースが大部分を占めている。

 

漁業における架橋によるメリットとしては、以下の点があげられる。

漁獲の一部は、漁業者個人で売買するケースもあり、架橋前は本土から買い付け業者のトラックがフェリーを利用して伊唐島へ来ていたが、架橋後はこれらの業者も伊唐大橋を利用することとなった。また、餌は薄井漁港で積み込むケースが多いものの、個人で阿久根市などで購入したり、夏期には伊唐島で直接積み込むことも多く、薄井港で順番待ちのために早期から並ぶ必要がなくなった。

 

(商工業)

平成3年の事業所統計では、伊唐島内に所在する卸売・小売・飲食業の事業所は9を数えているが、架橋後、伊唐島住民の行動範囲が拡大したことから、島内の個人商店(雑貨屋)2軒に与える影響は大きい。

 

(観光)

伊唐大橋は、農道橋という性格であり、観光入り込み数の増加まで架橋効果に含んではいない。町の意向では、出水市のツル飛来地〜串木野ゴールドパーク〜長島〜伊唐島という地点を結ぶ民間業者の大型観光バスでの日帰り周遊ルートの一つとして位置づけたい、とのことである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,031位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
9,481

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究ー報告書ー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から