日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究ー報告書ー

 事業名 奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


2. 加計呂麻地域の交通体系の現状

(1) 海上交通の現状

1] 町営定期船による航路網

ア. 古仁屋〜加計呂麻島航路

・古仁屋と加計呂麻島とを結ぶ航路には、町営定期船「フェリーかけろま」(194トン、定員・160名)が、瀬相との間に1日4往復、生間との間に1日3往復の計7往復就航している。

・生間との1日3往復の航路は、平成6年11月の「フェリーかけろま」新船就航時に、新設されたものである。

・この航路は、年間に約155千人の旅客と自動車約19千台等を輸送しており、大島海峡における旅客人員のおよそ7割程度を輸送している。

イ. 古仁屋〜請島・与路島航路

・古仁屋と請島、与路島を結ぶ航路には、町営定期船「せとなみ」(52トン、定員60名)が、古仁屋〜請阿室(請島)〜池地(請島)〜与路(与路島)間に1日1往復就航している。

・島民にとって、古仁屋への日帰りが可能な便は、請島・与路島発着の便が週4便しか運航されていない。残り週3便は古仁屋発着又は古仁屋発与路着の便となっている。

・この航路は海象条件の厳しい外海を運航する航路であるため、夏場の台風や冬場の季節風の影響を受けやすく、欠航率の高い航路となっている。

〔平成11年度欠航率: 3.6%、台風時期(7〜9月)7.6%〕

・当該航路に就航している町営定期船「せとなみ」は、フェリータイプではないため、クレーンによる荷役作業を行っており、貨物の積み降しに人手と時間を要している。

また、貨物の上に自動車を積むという構造のため、荷役作業のたびに自動車の積み降ろしをする必要があり、大変不便な状況にある。

・この航路は年間に約11千人の旅客と自動車約70台を輸送している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,037位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
9,357

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究ー報告書ー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から