日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究ー報告書ー

 事業名 奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


(5) クルージング

(財)九州運輸振興センターが平成9年度に実施した「九州周辺地域における国際・国内クルージング航路の振興に関する調査研究」によると、クルージングの中では「離島めぐり」のニーズが最も高いという調査結果が掲げられている。そして寄港の希望地に「屋久島・種子島」がトップで、第2位長崎港、第3位に奄美群島諸島がランクされている。そして可能性のあるモデルコースとして「奄美大島を寄港地としたモデル」も提案されている。

今回行なったアンケート調査、ヒアリング調査でも反応は高い。

このようなことから、名瀬港や古仁屋漁港などをクルージングの寄港地として活用を図ることも検討する価値がある。名瀬港や古仁屋港などをサンセットクルージングやトローリングの基地とすることも考えられる。

クルーズ船の寄港による経済効果は、入港に伴う諸費用や乗船客の現地観光(観光施設利用、飲食、土産物購入等)による地域への経済効果である。

しかし、これらの効果もさることながらクルーズ船の寄港はマスコミで取り上げられやすく、地域の知名度アップに貢献し、新たな地域イメージの形成が図られるというメリットが期待される。

 

(6) トロピカルフルーツの栽培

観光に連動した産業として亜熱帯を一歩進めて熱帯産のパッションフルーツ、パパイヤ、マンゴーといったトロピカル・フルーツの栽培について検討する。「南の島に温室」はそぐわないがトロピカル・フルーツは衰えを知らない人気を保っている。一足飛びにトロピカル・フルーツとはいかないにしても、ビタミンCの塊といわれているアセロラの栽培は可能であろう。1年の間に5〜6回は収穫できる。既に石垣島では北九州市内の業者と委託契約を結び、地元の自治体も「地域おこしの起爆剤に」と力を入れている。健康食品志向が強まるなかで、今後とも需要増が見こまれている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,031位
(31,714成果物中)

成果物アクセス数
9,472

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月15日

関連する他の成果物

1.宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究ー報告書ー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から