日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究ー報告書ー

 事業名 奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


第2節 調査結果の要約

 

1. 大島本島と加計呂麻島、与路島、諸島の往来頻度

「月に1〜2日」が24.7%、「ほとんど毎日」や「週に3〜4日」などが1割程度である。

加計呂麻島住民は「月に1〜2日」もしくは「週に1〜2日」の頻度が各々30%程度、請島と与路島住民は半数以上が「月に1〜2日」の頻度である。

 

2. 瀬戸内町内の交通体系における満足度と改善してほしい点

「非常に満足」と「やや満足」を合わせた「満足度」は27.8%、逆に「やや不満」と「非常に不満」を合わせた「不満度」は37.1%である。

請島住民と与路島住民でそれぞれ不満度は53.9%、65.6%と極めて高い。

改善してほしい点では、第1位は「町営定期船(速力、便数等)」(42.6%)、次に「古仁屋漁港の整備」(41.2%)、第3位は「集落内の道路」(34.4%)である。

 

3. 町営定期船「フェリーかけろま」に対する意見

「運行時間(夜間、早朝)」(33.0%)や「運賃や料金」(31.5%)等の航路に直接関わる改善要望よりも「港の駐車場、岸壁等」(40.0%)の改善要望が多い。

 

4. 町営定期船「せとなみ」に対する意見

「所要時間(船の高速化など)」(78.2%)、「ダイヤ(日帰り可能になど)」(72.1%)と「時間」に関する改善要望が多くを占めている。

 

5. 町営定期船「せとなみ」の“中渡し”についての意見

「伊子茂港経由にした方がよい」が全体で23.3%、「現在の航路のままがよい」が38.4%、「どちらともいえない」は、38.3%である。

請島住民や与路島住民では、「現在の航路のままがよい」の回答が60%以上を占め、与路島住民では83.4%に達している。

“中渡し”に反対の理由としては、「乗り換えが面倒であり、特に高齢者にとっては船やバスの乗り換えが負担になるから」が80%近くを占めている。

 

6. 交通体系全般についての自由回答

最も多くあげられたのは「フェリーかけろまに関すること」や「せとなみに関すること」で、特に「せとなみ」の「高速化」、「日帰り可能なダイヤ」への意見が多数を占めた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,037位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
9,357

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究ー報告書ー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から