日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究ー報告書ー

 事業名 奄美大島群島の海上交通ネットワークシステムの確立に関する調査研究
 団体名 九州運輸振興センター  


第2章 瀬戸内町民アンケート調査

 

第1節 調査の概要

 

1. 調査の目的

瀬戸内町内の交通体系の現状と課題を把握するとともに、町営定期船に対する要望を探り、今後の施策を検討するにあたっての基礎資料とすることを目的に行った。

 

2. 調査対象者

瀬戸内町に在住の20歳以上の男女個人1,000人

 

3. 対象者の抽出方法

瀬戸内町の住民基本台帳から、下表のように、地域ごとに対象者を無作為に抽出した。

 

012-1.gif

 

4. 調査方法

郵送法

 

5. 調査期間

平成12年6月19日〜平成12年7月21日

 

6. 回収数

地域ごとの回収数は下表のとおり。

 

012-2.gif

 

7. 集計・分析上の注意事項

集計にあたっては、対象者抽出において、加計呂麻島、与路島住民の回答結果を有効(分析に耐えうる程度のサンプル数の確保)なものとするため、抽出時点で人口比率よりも多い比率で抽出した。

このため、集計時点で実際の地域ごとの人口比に合うようにサンプル補正、いわゆるウェイトバック集計を行った。このウェイトバックについては、下表の値を参考にされたい。

 

012-3.gif

※網掛け部分の比率がほぼ同じになるように、回収数に倍数を掛けて調整した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,034位
(31,578成果物中)

成果物アクセス数
9,388

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月14日

関連する他の成果物

1.宮崎県下の物流効率化に対応した拠点整備構想に関する調査研究ー報告書ー
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から