日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


1.2 適用範囲

この基準は、以下の各項に適合するバックホウ浚渫船に適用するものである。

(1) 非自航船に限定する。

(2) 構造は、一層甲板箱形台船とする。

(3) 油圧バックホウ上部旋回体(旋回輪付き)を台船と一体構造の台座上にボルトにて固定した、搭載型のもの。

(4) 船側両舷に作業用スパッド2本を装備、又は船尾に装備した補助用1本を加え計3本のスパッドを装備するもの。

(5) 油圧バックホウのバケット容量は、おおむね1m3以上のものを対象とする。

 

〔解説〕

本設計基準の作成に当たっては上記の範囲で調査を行い資料を整理したものである。

浚渫作業とは別の用途でバックホウ掘削機械を装備した揚土機船は本基準の適用外であり、また走行用クローラ付バックホウ掘削機械をそのまま台船に搭載した積載型バックホウ船もこの基準の対象外とするが、適用できる範囲については計画、設計に本基準を参照されることは問題ない。

バックホウ浚渫船の全景写真の一例を図1-1に示す。

 

122-1.gif

図1-1 バックホウ浚渫船の全景写真

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
188,563

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から