日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


第4編 バックホウ浚渫船設計基準

 

第1章 総説

1.1 目的

本基準は、バックホウ浚渫船の計画、設計に関する一般的な基準を定め、設計の合理化を図ることを目的とする。

 

〔解説〕

港湾、河川等の維持・整備等を目的とした浚渫作業に供されるバックホウ浚渫船は比較的新しい作業船であるが、陸上用バックホウ掘削機械の普及に伴い、これが汎用性を有することから、比較的浅い水域での浚渫作業ではグラブ浚渫船に代わる機種として、更には大型バックホウ掘削機械の出現に伴い硬土盤の浚渫作業ではディッパー浚渫船に代わる機種として多用されている。

浚渫土質を分類し、グラブ浚渫船及びバックホウ浚渫船それぞれの適応範囲は、一般的には(表1-1)のようになる。

これまでバックホウ浚渫船の建造においては、専用の設計基準がないため、グラブ浚渫船及びディッパー浚渫船の設計基準をべースにして計画、設計作業がなされたものと思われるが、このような現状を改善し設計の合理化を進め、かつ設計上の諸問題を適切に処理できるようにすることを目的として、用語・名称の統一、関連法規との関係、浚渫装置及び船体構造・艤装品等について基準化するものである。

なお、本基準の中に引用してあるバックホウ掘削機械の仕様は参考データであり、実際のバックホウ浚渫船の計画においては、バックホウ製造者に最新の仕様を確認して頂きたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
186,961

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から