日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


なお過給器付原動機の採用は負荷の特性上避けたい。

起重機では巻下時のバックパワーが問題となるが、原動機に吸収させるバックパワーは特に根拠がない場合、原動機出力の20%で計画する。

 

6.4 電源装置

6.4.1 電源、電圧

(1) 交流方式の電源

起重機船の動力源に、交流方式を採用する場合は3相、60ヘルツ(Hz)、電圧450ボルト(V)を使用する。

 

〔解説〕

交流、直流のいずれの制御方式を選ぶかは作業の種類よる。微細、しかも広範囲に速度の制御を要する場合には直流レオナード方式又はインバータ方式によれば問題はないが、価格の点では二次電力制御方式より高くなる。現在交流方式、直流方式とも遠隔制御、自動制御は可能で港湾工事用として事実上支障はないので交直を対等に並べた。

定格電圧は今後の趨勢、船舶設備規定等を考え450Vとした。標準電圧と発電機容量の関係は下記のとおりである。

 

080-1.gif

 

周波数については現在50Hzと60Hzが使用されているが60Hzの方が割安で各機器の重量が約20%小型となることから60Hzの方が多く採用される。

また停泊、係船中の照明電源、電熱、その他(扇風機、ラジオ、テレビ)の電源は別個に小容量の補助発電機を設けて、交流60Hz、105Vとする。補助発電機は実際には空気圧縮機と串形に連結され切換できるようになっており、補助発電機休止中はDC24Vバッテリーより給電されているが商用電源が得やすい所では陸からの給電をうけるよう設備する。

交流方式の特色は下記のとおりである。

1] 変圧器により簡単に所用電圧が得られる。

2] 発電機が整流子を必要とせず、主巻線が固定部分であるため構造堅牢である。

3] 電動機は堅牢で信頼性があり、したがって電動機、発電機とも故障が少ない。

4] 発電機、電動機の馬力当たりの製造費が安い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
190,249

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から