日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


第3編 起重機船設計基準

 

第1章 総説

1.1 目的

本基準は港湾工事用の起重機船の計画、設計に関する一般的な基準を定め、設計の合理化を図ることを目的とする。

 

〔解説〕

近年わが国における経済の発展は著しいものがあり、そのためわが国の港湾構造物工事も次第に大型化、迅速化が要求され、構造物工事の中核をなす起重機船も、その重要性は広く認められている。

ところが以上のような工事要請に伴い多数建造された起重機船も、今日まで幾多の改良を重ねながらも、その設計建造において画一的なものはない。

このような現状を踏まえて、設計建造について技術水準を高度に保ちながら設計の合理化及び設計上の諸問題を誤りなく処理していくためには、その用語、名称の統一、構造・機器の標準化、など一般的基準を定め、それに基づいて設計を行うことが必要であり、これがこの基準を作成した目的である。

 

1.2 適用範囲

この基準は、港湾工事用起重機船に適用するものであって、次の各号に定めるところによる。

(1) 船体構造

鋼製一層甲板型にして、重量物搭載場所は重構造としているもの。

(2) 起重機構造

港湾工事用の重量物の巻上、巻下、あるいは移動ができること。

(3) 推進装置

船舶としての推進装置の有無が区別されたもの。

(4) 配置一般

起重機機構、並びにこれらの動力源、及び係船、操作装置等を装備したもの。

 

〔解説〕

本設計基準の作成に当たっての資料調査が上記の範囲であるので、本基準に適合しない起重機船の諸元については別個に検討しなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
52位
(30,415成果物中)

成果物アクセス数
182,118

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年1月12日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から