日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


3 愛知万博の有効活用方策

 

愛知万博は、「自然の叡智(Nature's Wisdom)」、をテーマに、失いかけている自然と生命への共感にみちた叡智を取り戻して人間と自然との豊かな関係を回復することを訴えて、平成17年に、愛知県長久手町の青少年公園や瀬戸市の南東部などを会場に、開催されることになっている。また、これに先立って同年には、愛知県常滑市沖に整備される中部新空港の供用が開始される予定である。

これらを受けて、同年には、日本国内のみならず世界からも多くの人が中部圏に流れ込む可能性が高い。本市の産業観光振興を考えるうえでも、こうした動きに対応して、同年を目標年として観光客の受け入れ体制や観光ルートをある程度整備したうえで、この機に乗じて観光地としての本市を宣伝していくことが、交流人口を拡大していくためには得策である。

 

(1) 愛知万博への出展の可能性の検討

愛知万博への来訪者に、本市及び周辺地域の美濃焼を認知せしめ、その目と足を向けさせるには、愛知万博自体に出展することが、最も手っ取り早く効果も高いと思われる。

ただし愛知万博は、平成12年12月に開かれたBIE(注)(博覧会国際事務局)の総会で登録され、ようやく国際条約上の万国博覧会として開催することが認められたばかりであり、このため、本格的な参加招請活動は、まだなされていない。平成13年度から翌年度にかけて参加招請活動がなされる予定になっており、今から出展の検討をはじめても、まだ間に合う状況である。

本市単独での参加が難しい場合、東濃西部の3市1町での参加や、やきもの産地交流・連携推進協議会での参加、あるいは市内の各陶磁器関連組合などとの共同での参加などの途も検討されるべきであり、本市としては、こうした検討の呼びかけも率先して行っていく必要がある。

なお、愛知万博に先駆けて、平成13年8月から10月にかけては、韓国京畿道において、世界で初めての国際的陶磁器の祭典となる「世界陶磁器エキスポ2001大韓民国」が開催されることになっており、知名度の向上のためには、これへの参加・出展も、早急に検討すべきである。

 

(注) BIE(Bureau International Expositionの略)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,030位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
9,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から