日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


(イ) 商業等の活性化に関する計画

・空き店舗などの活用

・街角ギャラリーの再整備

・情報収集・発信

・商業活動に密着した各種イベントの充実、新規開催

(ウ) 一体的に推進するその他事業に関する計画

・レンタサイクル事業

・観光客の来訪促進

・街なか案内板の設置

・駅前地区景観形成

 

オ 事業の進捗状況

住民による主体的な取組である街角ミュージアム事業が駄知地区で展開されているほか、市内の主要な公共施設や街角への陶彫展優秀作品の設置などが行われている。

中心市街地においては、タウンマネージメント機関(TMO/Town Management Organization)の設立が検討されており、今後、住民の主体的な取組による、陶磁器産地にふさわしい都市景観の創出が、期待される。

 

(4) 下石産業観光振興事業調査書

(日本とっくり村整備事業計画書 産業観光テーマルート研究会)

本調査書は、下石地区での観光振興、交流の拡大を目的とし、「国際陶磁器テーマパーク」と「どんぶり会館」の拠点施設を活かし、両施設機能を補完する「日本とっくり村」を創出し、国際博覧会の岐阜県の玄関口としての機能を下石地区が担うことを目的として策定されたものである。

 

ア 提案された計画内容

消費者と生産者を結ぶ場所として下石地区を育成し、下石地区の陶磁器産業の振興を図るものとし、下記の事業が提案されている。

●工房(ファクトリー)、展示(ミュージアム)、販売(ショップ)、飲食(レストラン)、街づくり(ストリート)、象徴(シンボル)機能の強化

●拠点、サブ拠点の整備と地区全体の環境整備を提案

 

イ 事業スケジュール

平成9年より、下石どえらあええ陶器まつりが毎年秋に開催されているが、それ以外には、現時点で事業は具体化していない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,029位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
9,741

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究
4.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
5.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
6.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から