日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

住民の行動範囲の拡大に対応した地域のあり方に関する調査研究

 事業名 地方自治に関する調査研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


2 モデル事業の選定

「住み続けたい、住んでいて良かったと言える地域づくり」を目指して、第4章でみた5つの将来の取組の方向のなかから、1でまとめた留意点を踏まえ、以下の3本を柱とするモデル事業『〜「奥入瀬」地域の創造を目指して〜ASOふれあい交流事業』を展開する。このモデル事業は、以下の3本の柱で検討を行う。

I 広域的な地域交流の促進による「地域の認知」〜「ひと」の交流〜

II 広域的な交流を媒介にした「地域特産物の認知」〜「もの」の交流〜

III 地域内の交流による「一体感の醸成」

 

I 広域的な地域交流の促進による「地域の認知」〜「ひと」の交流〜

 

(1) 農林水産業生産や農村風景を活かした都市住民との交流

・農林水産業体験型の農家民宿

・魅力ある農村景観づくり

 

(2) 歴史や風土及びイベントなどを活かした都市住民との交流

・南部駒の里めぐりルートの設定と牧場の整備

・奥入瀬白鳥の里ルートの設定

 

(3) 地域施設を活かした都市住民との交流

・大学・企業などの夏期合宿

・スポーツ団体の集中合宿

・文化団体や生涯学習団体の合宿及び交流

・高齢者や障害者の休養地・保養地としての整備

・宿泊施設の整備充実

・既存施設の魅力化

 

II 広域的な交流を媒介にした「地域特産物の認知」〜「もの」の交流〜

 

(1) 地域産物の販売体制の確立

・農産物や水産物の生産を活かした多様な交流による地域産物の認知

・観光農園や観光漁業による地域産物の認知

・販売・交流拠点としての道の駅の設置

・無人販売所、産直店舗の設置

・集客施設への地域産物販売コーナーの設置

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,001位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
4,129

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.分権時代の公民協働型地域づくりを支える地方行財政システムに関する調査研究
2.地方公共団体における国際協定への対応のあり方に関する調査研究
3.活き活きとしたまちづくり推進に向けての生涯学習の展開に関する調査研究
4.高原リゾート振興を核とした産業の複合化に関する調査研究
5.市街地活性化及び生活利便性向上に向けての公共交通体系整備に関する調査研究
6.伝統的地場産業地域における観光振興に関する調査研究
7.農村景観資源活用による滞在型・体験型レクリエーションの活発化に関する調査研究
8.日本語教師研修会のしおり・感想
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から