日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

喉頭摘出者団体アジア連盟1999年度事業報告書

 事業名 喉頭摘出者発声指導員の養成等
 団体名 銀鈴会 注目度注目度5


X 国連よりの書状

 

1999年12月22日付久永会長宛国連DESA、NGOセクション・チーフのハニファ・メズイ氏よりの来信文

 

拝啓

11月15日付の貴信を有難く拝受致しました。喉摘者団体アジア連盟は1997年に特別諮問資格(Special Consultative Statusの仮訳)が認められたため、1997年から2000年までの四カ年報告を提出する必要があります。同報告書は出来あがり次第、ご提出していただくので結構ですが、遅くとも2001年1月1日までにはご提出願います。

「経済社会理事会管轄下にある一般、および特別諮問資格を有するNGOによる、四カ年報告の提出に関するガイドライン」を同封いたしましたので、よろしくご査収ください。

以上の点についてご質問がございましたら、下記の連絡先に遠慮なくご連絡ください。

 

Hanifa Mezoui, Chief

NGO Section/DESA

Room; DC1-1480

Tel; (212)963-8652

Fax; (212)963-4116

 

038-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,907位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
1,181

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.An Introduction to Guidance in Esophageal Speech Training
2.平成12年(2000年)度結核予防セミナー報告書(モンゴル)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から