日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況調査報告書

 事業名 オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況等調査
 団体名 沖縄観光コンベンションビューロー 注目度注目度5


3. オニヒトデの生物学的特徴

 

6〜7月ごろに雌雄のオニヒトデは放卵・放精をします。一匹のオニヒトデは1年に数千万個の卵を生みます。受精卵は発生してプランクトン幼生になります。数週間は海面近くを浮遊して珪藻や渦鞭毛藻などの植物性プランクトンを食べていますが、その後サンゴ礁の上に降りてきて定着して0.5mmくらいの稚ヒトデに変態します。冬頃まではサンゴではなく、石灰藻を食べて成長します。冬になると直径が8−10mmくらいに成長し、サンゴ礁にふんだんにあるサンゴを食べ始めます。オニヒトデは、効率良く餌を採るために、サンゴの組織をついばんだりかじり取ったりするのではなく自分の胃をからだの下側にある口から外に出し、サンゴの組織を直接消化吸収します。1匹のオニヒトデは1年に5−13m2のサンゴを食べるといわれています。しかし、飢えにも強く、半年以上何も食べずに生存します。好みのサンゴは、成長の速いミドリイシ、コモンサンゴなどです。

 

からだは柔軟性に富み、狭い隙聞にも入り込むことが出来ます。密度がそれほど高くないときは、昼の間はサンゴの枝の間やテーブル状サンゴの陰に隠れたりしています。これは、若くて小さなオニヒトデにこの傾向が強く現れるといわれています。からだの表面を鋭い有毒の棘で武装し、さらにサポニンと呼ばれる化学物賃を含んでいますので他の生物はあまりオニヒトデを食べません。天敵としてホラガイなどが知られているが数が少ないうえにオニヒトデだけを食べるわけでもありませんから大量発生を防ぐ役には立ちそうもない。オニヒトデは成体になると、どんな動物にもあまり攻撃されることはなくなります。また、プランクトン幼生時代や稚ヒトデの時代のオニヒトデがどんな動物に食べられているのか良く分かっていません。

 

オニヒトデは、生後2年の夏には条件が良ければ20cmほどに成長し、放卵・放精を行うまで成熟するものも出てきます。オニヒトデは最大直径80cmのものが発見されたことがあります。オニヒトデの寿命は水槽での飼育実験から7−8年と見積もられています。

 

4. 沖縄県のオニヒトデ大量発生問題に対するポリシー

 

沖縄県がオニヒトデの大量発生をどのように捉えているかを明確に示した文書は見当たりません。しかし、同県はオニヒトデ駆除を行う事業主体に補助金を交付してきました。ひとつは漁業に被害をもたらす「有害水産動植物」を駆除するための事業として、もうひとつは「国立公園等の海中のサンゴ礁景観を保護」するために、駆除事業を実施する市町村や漁業協同組合に対し補助金を交付してきました。このことから、オニヒトデの大量発生は漁業の妨げとなり、サンゴ礁の優れた水中景を損なう有害なものであるために積極的にこれを駆除しようとする沖縄県の姿勢が伺われます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
184位
(29,265成果物中)

成果物アクセス数
58,976

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年1月13日

関連する他の成果物

1.第25回マリーンウィーク実施要領
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から