日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況調査報告書

 事業名 オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況等調査
 団体名 沖縄観光コンベンションビューロー 注目度注目度5


(2) マンタ法

オニヒトデの密度を比較的広い範囲で簡便に調査するための方法としてマンタ法という方法がよく用いられています。この方法は、船外機つきの小型のボートの後部10−20mのところに曳航する板にスノーケルをつけた調査員がつかまり、1−2ノットのスピードで曳航されながら海底に確認されるオニヒトデの生息密度を調べる方法です。ボートを一定時間ごと(例えば2分毎)に停止させ、ダイバーが記録を水中ノートに記録したりボートの上の記録者にあらかじめ決めておいた手信号などで情報を伝達します。調査員は急激に水中を浮上する場合があるためスキューバは決して使わないでください。オニヒトデの数だけでなく、オニヒトデに食べられて白くなったサンゴの数や、生きたサンゴがサンゴ礁を覆う割合なども記録すると参考になります。

 

085-1.gif

 

(3) トランセクト上をスキューバで探査

サンゴ礁上に、通常は海岸線と平衡に、目盛り付きテープ(巻き尺、検縄など)を引き計測線とします。その線に沿って、あらかじめ決めておいた幅の面積を観察し密度を計算します。調べたいサンゴ礁の全体を想定し、その範囲内に複数の計測線を無作為に配置します。

 

(4) サンゴモ食期の稚ヒトデ

夏に誕生したオニヒトデは1ヶ月ほどのプランクトン幼生の時期を過ごし、サンゴ礁の上に降りてきて、小さなオニヒトデになります。その後半年ほどは、サンゴではなく硬い石灰質の骨格を持つ藻類を食べて1cm以上にまで育った後に初めてサンゴを食べるようになります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
190位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
60,345

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.第25回マリーンウィーク実施要領
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から