日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況調査報告書

 事業名 オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況等調査
 団体名 沖縄観光コンベンションビューロー 注目度注目度5


薬液の調合などの詳細

約140gあるいはそれ以上の重硫酸ナトリウムを1リッターの海水に溶かします。これらの溶液は無色ですので、注射液がちゃんとヒトデに注射されていないかを礁認するために食紅などで着色すると便利です。オニヒトデのからだの4箇所に6mlづつ、合計24ml注射するのが適当です。

 

(2) 水中で切断

オニヒトデの体をいくつかの部分に切断するというのは最も初期に試された簡便な方法です。しかし、この方法は、切断された部分が再生し、かえって数がふえるのではないかという危惧や、季節によっては放卵放精を誘発するのではないかという不安から、沖縄では通常採用されていません。オニヒトデ以外のヒトデでは、切断された部分から完全に再生する種類も知られていますが、オニヒトデではそのような能力があるかどうか確かな証拠がありません。ただ、4分の一に切断されたオニヒトデが何週間も生存したという報告は多くあります。

 

切断方式の利点

●特別の道具を必要としない。

●薬品も使わないのでサンゴ礁生態系に及ぼす影響が少ない。

切断方式の欠点

●ヒトデを切断するために枝状のサンゴの間やテーブル状のサンゴの下からオニヒトデを引っ張り出さなければならず、このとき、サンゴを傷める。傷ついたサンゴが分泌する粘液が、さらにオニヒトデを呼び寄せるという報告もあります。

●注射の場合と同様、オニヒトデがサンゴ礁上に放置されるため、条件によっては海岸に打ち上げられる可能性が皆無ではない。

●作業員がオニヒトデの棘に刺されることがよく起こります。オーストラリアでの調査では、この切断方法は注射法にくらべ効率が10分の1しかなく、20匹のオニヒトデを切断するうちに3回棘に刺されたという記録もあります。棘に刺さると、人によっては日常生活や仕事に支障を来すほとの事態に至る場合があります。この、いわば社会的なコストを忘れてはいけません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
190位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
60,393

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.第25回マリーンウィーク実施要領
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から