日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況調査報告書

 事業名 オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況等調査
 団体名 沖縄観光コンベンションビューロー 注目度注目度5


・ここ数年数は少ないが、10ダイブに1回ぐらいの確率で見かける。サイズはφ20cmくらいのものが多いが、6月中旬にはφ50cmの大物を見かけた。

・オニヒトデは、食べるサンゴがなくなったため昼間でも活発に動いている。今はどんな種類のサンゴでも食べているようだ。以前はクサビライシの種類を食べているのを見かけることがなかったが、最近では多く見かける。

・サンゴが白化してなくなったので、オニヒトデも少なくなっている。

・良く潜るポイントでは最近オニヒトデを見ていない。座間味ではあまり見かけない。

・最近(6/26現在)、巨大なオニヒトデが多く見受けられる。産卵体制に入っているので今後が心配。

・チービシはオニヒトデが多すきる。

 

(4) まとめ

貴重なサンゴを食害するオニヒトデの分布状況や駆除に対する意議等を把握するために、サンゴ礁の海と関わりが深いと考えられる1] レジャーダイビング業者、2] リゾートホテル業者、3] グラスボート遊覧船事業者、4] 漁業協同組合の合計333事業者に対してアンケート調査を実施した。

アンケート調査の結果、143事業者から240名の回答を得た。回収率は事業者数で43%(333事業者中143事業者)であった。アンケート全体を通して、概ね次のようなことが分かった。

・オニヒトデの確認数情報から、ごく最近(3ヶ月以内)は、オニヒトデは減少しているが、ここ1年間またはそれ以前(10年以内)は、オニヒトデが多かったようである。

・海域別の情報件数は、総情報件数592件のうち沖縄島沖縄島中北部西岸84件(14%)、北部西岸南52件(9%)、中部西岸51件(9%)、チービシ41件(8%)、座間味島41件(7%)、の情報数は突出しており、これらの海域の利用頻度が高いものと考えられる。

・海域別オニヒトデ確認数より、「ごく最近」、「ここ1年間」、「それ以前(10年以内)」ともにオニヒトデ確認数が多かった海域は、沖縄島の中北部西海岸、中部東岸、南部東海岸であったことがわかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
188位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
60,218

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.第25回マリーンウィーク実施要領
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から