日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


実際、考え直してみると、残念ながら全てを学び取ったとは言えません。勉強不足で実習内容が今一つ理解できていないまま実習に臨んだりしたこともありました。寺島教授が、「君達は恵まれている」とおっしゃっていたのを今更ながら思い出し、どうしてこの恵まれた環境をもっと有効に生かそうとしなかったのかという後悔が生まれてきました。自分は献体してくださった方々の御厚意を無にしてしまったという思いが強く心に残ってしまいました。しかし、この貴重な経験をいかし、これからも努力を重ねていくことが、自分に出来る唯一のことであると思っています。

最後に、献体して下さった方々、御遺族の方々、丁寧に指導して下さった教官の方々に感謝すると共に今回解剖させていただいた献体者の方々のご冥福をお祈りいたします。

 

解剖実習感想文

小林孝一郎

 

約三ヶ月間、二遺体の解剖をさせていただきましたが、一番私の心に残ったのは死生観の変化でありました。これまでは、人間の死に出会う回数も少なく、生と死について漠然とした認識しかありませんでした。それが解剖を通じて御遺体の生前に歩まれた人生や、人間の尊厳、ひいては人間とは、生きているとはどういうことか、何故死ぬのか、といった死生観を強く思いました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(28,488成果物中)

成果物アクセス数
142,953

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年2月18日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から