日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて

天野利彦

 

初めて実習室に入って何十体もの御遺体を目にした時とても驚いたことを今でも覚えています。元々人間の死というものに悲観的な印象を持っていた私にとって目の前にある御遺体を解剖していくことに抵抗を感じたことを覚えています。実習を進めていくにつれてその生活がだんだん普通になってきたことに我ながら驚いたことも覚えています。しかし私はこのように感じていくにつれて、あらためて自分が医学部に入った目的をよくよく考えるようになりました。それは自分の身内に病人が多く、それを見てそれらの病気を治したい、そしてそうすることによって彼らがより長く生き、楽しい時間を少しでも多く過ごして欲しいということでした。私は実習の忙しさにかまけてそういったことを忘れていたように思います。長い教養の生活を終え大事なことを忘れていた私に、それを思い出させてくれたという意味で解剖実習はとても有意義なものであったように思います。

また解剖実習で最も大切なことは、これから医者として生きる私達にとっての基礎にあたるところの知識を得ることであるのはいうまでもありません。過密なスケジュールの中でこれらのことをいっぺんに覚えることは私にとって決して容易なことではありませんが、献体して下さる方の遺志と犠牲に恥じないように努力してきいたいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(28,488成果物中)

成果物アクセス数
142,953

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年2月18日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から