日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


御遺体は一番の師

吉田健史

 

初めて実習室に入り、御遺体と出会った日のことは今でもはっきりと覚えている。普段はあまり時間に正確とは言えない私達が、きちんと時間前に白衣に着替え、ひとかたまりになって実習室へ入ると、緑色のシートをかぶせられた御遺体が並んでいた。そして私達は、ピーンと張りつめた、緊張感あふれる厳粛な空気に押しつぶされそうな心を、準備をすることによって何とかまぎらわしていた。

私はその空気の中で、今から、もはや会話をすることのなくなった御遺体と対面することに恐怖し、御遺体にメスを入れることに、罪悪感にも似た何とも言えない感情を抱いていた。

しかし黙祷が始まると、私は落ち着いて考えることができた。

「この方は自分の意志で、私達の医学の勉強のために献体して下さったのだ。中途半端な気持ちで解剖したら失礼だ、この方とはもはや言葉を交わすことはできないが、この方の献体の意志に応えて、一所懸命解剖させていただくことこそが、まさにこの方と会話することなのではないだろうか。」

緑色のシートをはずす時、もう私の心の中に迷いはなかった。御遺体と対面した時、私は素直に、

「よろしくお願いします。」

と言えた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
146,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から