日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習にて学んだこと

池澤育世

 

実習が始まるまで、私は生について死について深く考えるのを避けていたような気がします。考え始めればきりがないし、身近な人の死に直面したことがないせいか、自分にとっては遠い問題のように思えていたからです。しかし、実習が始まる際、このままの自分が生前の尊いご意志で献体された方にメスを入れるのは失礼にあたると思い、生と死について自分なりに考え、実習書を読み、実習に備えたつもりでした。しかし、いざご遺体を前にすると頭は真っ白になり、生前は家族から「おばあちゃん」と呼ばれていたであろうこのご遺体に、その家族の知らないこんな自分が触れていいのだろうかと戸惑いました。この実習に最善を尽くすことがご遺体や、そのご遺族の意志なのだと強く自分に言いきかせることでやっと実習を進められたことを覚えています。

実習が進むにつれ、人体の構造の巧妙さに驚かされました。人体に、意味のない不明なものはないのです。それぞれがそれぞれの役割を果たし、それによって人間は生きているのです。当たり前のことかもしれませんが、毎回の実習の中でそのことを実感しない日はありませんでした。そして、それまで教科書で学んだ断片的なことが一つにつながったような気がしました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
144,631

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から