日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて

坂本真希子

 

私の解剖学実習は大きな不安と恐怖の中で始まった。私の知識が実習の現場において役に立つ程十分であるという自信も、人体解剖に向かう勇気とそれに必要な技術も私には不足気味だった。しかし、そんな私が決めたひとつの目標は、どんなときでもご遺体とそのご家族に対する感謝を忘れないでいようということだった。これはご自身の献体の意志に対する敬意と感謝、ご家族に対してはその意志を尊重してくださっている事への感謝であった。私は実習中この感謝の念を忘れないように努めたが、実際に実習が始まってみると、これだけでは何か物足りないものを感じた。そこで私の単純な思考回路から得られた結果から、その原因はご献体の意志に対するお返しがないことにあると勝手な解釈をする事にした。そこで解剖実習の予習はできるだけ完壁にすること、また実習中は時間を無駄にすることなく集中する事を徹底することでお返しとする事に決めた。これはなかなかの名案で、本当なら私のような意志の弱い人間には、厳しくつらいものだったに違いない実習が、とても興味深く楽しいものになった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
65位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
154,694

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から