日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


実際に実習が始まってみると毎日が予習に追われて非常に忙しかったです。毎日が発見の連続で、予習をしていった通りに剖出されると喜びを感じ、予習で学んだのとは違う形で剖出されると、人間の神秘性を実感しました。人間の体というのは本当に複雑で、生きている時はこれら全ての組織がそれぞれの任務を全うすべく働いていたと考えると人間の体というのは巧妙で素晴らしいものであると感じられました。

毎日がたいへん充実していた為かこの三ヶ月間はあっという間に過ぎてしまい、つい先日解剖学実習が始まったと思っていたら、もう納棺の日になってしまいました。たったの三ヶ月という短い期間でしたけれどご遺体が私達に与えてくれたものは非常に大きく何にも代え難いたいへん貴重なものだったと思います。この解剖学実習での経験を土台にして、献体なされた方々の意に添えるようにこれからも勉学に励んでいきたいと思います。

最後に、私達に貴重な体験を与えてくれたご遺体の方、そしてご遺族の方に感謝の念を表したいと思います。本当にありがとうございました。

 

解剖実習で学んだこと

阿部敏高

 

私の在学している東京歯科大学では第2学年の後期から第三学年の前期にかけて2体のご遺体を解剖させて頂きます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(28,488成果物中)

成果物アクセス数
142,953

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年2月18日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から