日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて

岡山洋和

小川耕平

小川総一郎

小黒俊樹

 

広い実習室の中に白い包みで覆われた二十余の御遺体、そして真新しい実習着を着て、神妙な面持ちでその周りにならぶ私たち学生。実習室は、あたかもその白い包みにすべての音が吸収されてしまったかのような、今までに感じたことのない重い沈黙に包まれていました。おそらく私は、この解剖学実習の始まった日のことを忘れることはないと思います。実習を進めながら、人体の構造の精緻さに感嘆し、時に頭を悩ませられました(私は本当に悩まされたのです!)。また、命の神秘に畏敬の念を抱きました。そして、実習初日に経験した、あの重たい沈黙は命の重さそのものであると実感することになりました。このような意味で、私たちは学問の上でも精神的な面でも得るところが非常に大きかったと思います。このような貴重な機会を与えてくれた故人に感謝し、その篤い御遺志に報いることのできるように鋭意努力を尽くしたつもりです。しかしながら正直に申し上げますと、私の至らなさ(例えば技術の未熟さやそこつさ、そして勉強不足など)によって本当ならもっと学べることも学べずにこの実習が終了し、お別れすることになってしまったのではないかということが心残りであります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
70位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
146,252

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から