日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究事業報告書 ?海上保安国際紛争事例の研究 第1号?

 事業名 周辺諸国との新秩序形成に関する調査研究
 団体名 海上保安協会 注目度注目度5


(23) 海上保安庁30年史86頁。

(24) 海上保安庁提供の資料による。

(25) Maritime Law Enforcement, Law Section Department of Nautical Science and Law ,U.S.C.G.Academy, New London, Connecticut.pII 11-14.

(26) これは合衆国コーストガードのROEを要約して記述しているものと考えられる。

(27) 武器の使用について、林久茂教授は、比例性proportionalityは厳格に守らなければならないと指摘している(注(8)論文185頁)。なお、国際法における比例性については、山本草二、国際法20頁。

(28) この点について、村上暦造、注(1)論文参照。

(29) 海上保安庁法制定時の、海運総局海務課、海上保安庁法案遂条説明書による。

(30) 例えば、国連海洋法条約第111条の追跡権の規定では、停船命令や停船信号が最重要要件である。この点について、拙稿、継続追跡権行使とその国内法上の要件、新海洋法の展開と海上保安第3号50頁以下参照。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
216位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
50,650

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.第4回技術開発調査研究成果発表会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から