日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


157-1.jpg

NSR周辺の海洋先住民の生活(Bruemmer, 1993)

 

民族の固体数がある限度を超えて減少すれば、文化的にも生物的にも固有性を保持することが難しく、また長年の植民政策によりロシア人との混血率は増大し、民族文化の継承が次第に困難となっている。シベリア先住民族固有の文化を維持しながら、先住民族を次元を異にするとも言える現代社会へ編入することには多くの問題が伴う。

シベリアは、政治的実体として分離するか、若しくは極東等、多数の地域的単位に分割されるべきかも知れない。しかし、将来の構造がどのようになろうと、シベリア先住民族にとって、かれらの土地がロシア人支配者達に搾取される植民地ではないこと、民族の殆どが望むものであれば、かれらの主権が正当に認知される国家の設立が保証されねばならない。北極海航路啓開が、特に漁労を生活の糧とする先住民族の生活を乱すものであってはならず、さらに続いて起こるであろう航路沿い沿岸各地における僻地振興や産業振興、資源開発、資源輸送路の整備などが、先住民族の生活を脅かすものであってはならない。

 

(2) 税制・科料

ロシアにおける税制と税の徴収現状、税に対する国民意識は、西欧社会の理解を超えるものがある。また、海外投資や外国資本に対する税制を含め、ロシア税制、科料体系は極めて流動的である。

NSR環境保護に関しては、外部不経済を論拠とする環境税的保護法制があり、NSR運航規則にはEU共通環境政策第5次環境行動計画(1993年)に盛られた予防原則(precautionary principle)への転換や汚染者負担・パートナーシップ原則の影響が散見できるが、実際重大汚染を引き起こした場合の損害賠償額の見積りについては不明確な点が多く残されている。これは、一つには、生態系の価値評価が未完であることにも因る。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
174,286

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から