日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

北極海航路?東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道?

 事業名 北極海航路開発調査研究
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


4.6 地理情報システム

 

4.6.1 はじめに

 

地理情報システム(Geographic Information System : GIS)とは、コンピュータ上のデジタル地図をビューアとしたデータベースシステムである。身近な所では自動車のカーナビも、地図の上に経路を表示したり、データベースとして持っている指示音声を選択してスピーカーから流したりと、データベース機能を持っているので、GISの一種である。しかし、専門的なGISは、それよりも高機能で、フレキシビリティを持っており、パソコンまたはワークステーション上で動作する汎用ソフトである。INSROPでは、当初からGISに注目し、NSRに関わるロシア側北極海を主としたデータの収集と、より使い易いシステムの構築を行ってきた。これをINSROP GISという。すなわち、INSROP GISの狙いは、以下の通りである。

(1) 北極地域・海域の開発及び利用計画の策定や、北極海航行における航路選定・決定をするためには、容易に活用できるこの地域の情報システムの整備が望まれている。

(2) 一方、広大な領域で多岐に亘るトピックスの情報選択にあたり、質の高い意志決定ができる情報としては、地図や写真を活用したGISが有効である。

(3) INSROP GISは、上記の観点からNSR地域及び北極海の地理データを可視化し、その検索・解析等を容易に行えるようにして、ユーザに体系化されたINSROP情報を提供する。

ここでは、INSROP GISと、その使用例を簡単に紹介する。

 

4.6.2 システムの特徴と構成

 

本システムの特徴は、以下の通りである。

(1) 地理情報とリンクして、ビジュアルで分かりやすいデータ及び解析結果が得られる。

(2) 日本・ノルウェー・ロシアの共同研究開発により、北極海(特にロシア側)に関する豊富で質の高い環境データが収録されている。

(3) 北極海域の任意点における必要な環境データが、容易に検索・解析できる。

(4) 本システムにより得られた各種環境データを用いて、環境汚染影響や航路計画や構造物設計の各種シミュレーションへの利用が期待できる。

(5) 本システムは、通常のパーソナルコンピュータで動作し、操作が容易である。

(6) 基本システムに有名な市販汎用GISソフトArc Viewを使用し、他のソフトウェアとのリンケージなど、汎用性に優れる。

本システムの全体構成を図4.6-1に示す。INSROP GISのソフトウェアとデータはCD-ROMで供給されるが、このシステムはArc Viewをカスタマイズしたものであるため、パソコンにはArc View 3.0がインストールされている必要がある。ハードウエアとして、データベース操作に十分な容量のハードディスクとメモリを搭載したWindowsマシンが必要である。

本システムは、北極海からロシア北部の地理データ・自然環境・航路・生態系などのデータベース群と、これらを検索・解析したり、新テーマを生成・定義付けたり、保管・印刷する等の処理機能と、これらをビジュアルにウィンドウ画面上に表示させるビュー・テーブル・チャート等の画面処理機能に分かれている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
173,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.知識共有を基盤とした高度造船CIMの開発研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から