日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

明るい社会づくりに尽くされた方々 ?平成11年度社会貢献者の事績?

 事業名 海難救助等社会貢献者の表彰等
 団体名 社会貢献支援財団 注目度注目度5


須々木貴美子(すすききみこ)(昭和6.7.8生・岡山県岡山市)

 

下半身まひとなった夫のリハビリと介護を、二人の子供の育児をしながら28年間続け、また痴呆症の義母の介護も10年間続いた。この間、福祉施設で30年間にわたり高齢者介護に携わられた。平成5年に宅老所を開設して、自分なりの介護の具現を目指している。

 

昭和35年、教育委員会に勤めていた夫が、脊髄性灰白髄炎の突然の発病により下半身まひとなった。8ヶ月の入院後、1歳と4歳、2人の子どもの育児をしながら、夫の社会復帰へのリハビリと介護を続けた。医師に勧められ、夫は知的障害者らと仏壇の欄間づくりを始めた。庭に作業場も設けた。

夫の介護は、同63年まで28年間続いた。

 

同57年からは、老人性痴呆となった80歳の義母の介護も10年間続けた。

この間、生活のため昭和37年から30年間、社会福祉法人「旭川荘」に勤め、寮母として高齢者介護に携わった。病気で倒れて、言語障害となり心を閉ざした人のリハビリを5年間担当し、社会復帰できるまで支えた。まだ幼かった子どもを背負って旭川荘に通ったこともある。

 

公私にわたる30年間の介護を通じて体得した貴重な知識と、介護上の矛盾点の反省をもとに、自分なりの介護を具現しようと平成5年、岡山市北部の山陽町に宅老施設「やまびこ倶楽部」を開設した。

軽度の痴呆のある高齢者を日中預かり、一人一人の個性の尊重を基底とした、親身な血の通ったた介護を心がけている。隣接した保育園の園児との交流も行う。

笑顔を引き出して生活に張りを取りもどし、日々元気な姿になって行く高齢者を見ることを生き甲斐とし、黙々と活動している。

(横山芳朗推薦)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,256位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
3,529

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.明石海峡大橋が運輸産業に与えた影響と今後の展望にかかる調査研究報告書(旅客・観光編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から