日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究

 事業名 衛星アルチメトリ・データを用いた海底地形の研究
 団体名 日本水路協会  


2.2 衛星アルチメトリ・データの収集・整理

 

人工衛星アルチメトリに基づくグローバルな高精度・高分解能の重力異常分布にはいくつかの代表的な研究がある。本研究では、海面でのフリーエア重力異常データとしてスクリプス海洋研究所のD.T.Sandwellらの研究グループが1999年に発表したgrav.img.9.1を利用した。彼らの重力異常データセットgrav.img.9.1は経度0°E〜360°E、緯度72.006°N〜-72.006°Nの範囲で1分メッシュ間隔の海面重力異常値を収録している。基となった人工衛星アルチメトリデータは、Geosat/ERM、Geosat/GM、ERS、ERS-1/GM、TOPEX/POSEIDONである。(主な人工衛星データの特色については表2-5に示す。)

北西太平洋全域をカバーする高分解能重力異常データとしては他にNational Chiao Tung大学(台湾)のC.Hwangらの研究もある。これは2分メッシュで、Seasat、Geosat/GM、ERS-1、TOPEX/POSEIDONの観測に基づいている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,063位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,569

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.海象等航海支援情報の電子海図等への統合化に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から