日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

プレジャーボート・小型船用港湾案内 北海道北岸・西岸(知床岬?松前港)

 事業名 プレジャーボート・小型船用港湾案内の作成
 団体名 日本水路協会  


流氷について

 

北海道周辺の海氷は、港や沿岸で海水が凍結しその場所で成長する定着氷(沿岸結氷)と風や海流、潮流によって漂流する流氷とに分類されます。オホーツク海の流氷は、冬季のみに見られる1年氷(季節海氷)です。

 

定着氷(沿岸結氷)

釧路港から宗谷海峡に至る北海道の太平洋側及びオホーツク海側の港や沿岸海域では、12月下旬に結氷が始まり、翌年3月下旬には融解します。

これらの港や沿岸では、初期に河川の流域や船だまり内の一部に新成氷が発生し、その後増減を繰り返しながら次第に発達してゆき、最盛期には船舶が航行できないようになります。宗谷海峡付近では、数日から2週間ぐらいの間、漁船等の航行に支障を生じる程度ですが、根室、網走、紋別などの港では、1か月半から2か月間にわたって船舶の航行が困難となります。

 

流氷

流氷は12月下旬から翌年1月上旬にサハリン東岸南部のアニワ岬東方沖合で初めて視認されることが多く、1月中旬から下旬になって北海道北岸、国後島北岸及び択捉島北西岸に接近します。初期の流氷は小板氷や砕け氷が集合し、数条から多数の流氷帯となって漂流していることが多いです。

1月下旬になると、流氷は勢力を増して北海道北岸の全域に接岸するようになり、一部は根室海峡及び国後水道を南下して北太平洋に流出します。また、場合によっては、宗谷海峡から日本海側にも流れ出ます。

 

流氷最盛期

例年、流氷の南下勢力が最大になるのは2月中旬から3月中旬です。北海道北岸、国後島北西岸及び択捉島北西岸並びに根室海峡のほとんど全域が、厚さ1〜2mの氷盤が密接した大氷野に覆われ、すき間が全くなくなることもあって、船舶は航行できません。

 

日本海の流氷

流氷は宗谷海峡に流入し、東寄りの強風が連吹すると日本海に流出し、礼文島、利尻島周辺にまで達することもあります。この付近では水温が比較的高いため、流氷は急速に溶けることが多いが、一時的には船舶が航行できなくなることもあります。

 

船舶航行障害

根室海峡西側では40〜50日、北海道北岸では40〜80日にわたって船舶が全く航行できなくなります。

なお、最盛期の北海道北岸でも、陸岸から流氷が認められなくなることがあるますが、これは一時的なもので再び氷野が押し寄せくくることもあり、航行には十分注意しなければなりません。

 

結氷・流氷の平均初日と終日

昭和36年〜平成2年の30年間の統計期間(ただし、釧路港は昭和40年〜平成2年の26年間)における北海道沿岸各地の結氷・流氷の平均初・終日は、次表のとおりです。

統計期間中、最も早い流氷初日は網走港の1月3日、最も遅い流氷終日は羅臼港の5月13日です。釧路港及び稚内港では、流氷の初日、終日は年によって非常に異なり、流氷が全く見られない年もあります。

*流氷初日:陸上の観測地点から流氷を初めて視認できた日

*流氷終日:流氷を視認できた最後の日

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
391位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
25,797

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.プレジャーボート・小型船用港湾案内 北海道南岸・東岸・東方(白神岬?択捉島)
2.海のサイエンスと情報(?)?海洋シンポジウムから?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から