日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


一番根本にある問題は、国家を考えるとき、国防、安全保障を考えなければならないということです。憲法調査会の動きひとつをみても、国民のあいだにも、これを求める声が最近は高まってきています。

 

72:気になるロシアのソブレメンヌイ級駆逐艦対中輸出

 

次に、気になることをちょっと申します。じつは昨日、アメリカの友人が、ロシアが中国へ輸出したソブレメンヌイ級駆逐艦のミサイル発射試験の写真を8枚、インターネットで送ってきました。ソ連の駆逐艦が輸出されて、ついに上海についたというのです。「日本にとっては脅威だろうね」と言うのが、へリテージ財団にいる友人からのコメントでした。これは、中国とロシアが、コンチネンタル・バリューで結合しつつあるということです。

これに対して、日本、NATO、アメリカなどのマリタイム・バリューという価値観を共有する国家が連合しないと太刀打ちできないと思います。マリタイム・バリューは、海洋文明、海洋法体系という言葉で置き換えてもいい。

そこでまたちょっと気になりますのが、韓国がロシアのK型潜水艦を3隻輸入したことです。これは、ロシアに対する過剰債務の見返りですが、これで韓国はドイツから6隻とロシアから3隻、計9隻を保有し、潜水艦王国になる。韓国とロシアの武器のつながりができてきている。韓・中・ロシアという大陸国家連合が、日本に対する戦略的パートナーシップで結ばれる構図が、まごまごしていると出てくるかも知れない。

 

岡崎 ソヴレメンヌイの話、どなたかご存じですか。

平松 私はその話が出た日にどこかの雑誌に書いたんですけれども、これまた自衛隊の人から怒られるかも知れません。私は「もしソヴレメンヌイが出てきたら、おそらく、自衛隊はミサイルの射程以内には近づくなと多分言うだろうが、そうならないことを望む」と書いたことがあります。

平間 ミサイルが飛んでいる写真を見ると羽を持っています。ミサイルとして旧式です。

山本 平松先生、ソヴレメンヌイだけでは、射程距離が何十マイルあってもミサイルは撃てません。あれ自身のセンサーは20〜30マイルです。航空機が組み合わさったときに初めて力を発揮するのです。ソヴレメンヌイのミサイルを過剰評価することはない。

 

73:沖縄の視点から:シンクタンクを沖縄に

 

川村 では、恵さんどうぞ。

恵 沖縄から参加させていただいている恵です。今日は平松先生ありがとうございました。1年間の研究委員会のファイナル・ステージにおいて、初めて日本人としてどうあるべきかという意識を植え付けられたような感じがして、非常に感銘を受けながら聞いておりました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
125位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
91,940

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
2.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から