日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


奨励賞

 

「観光」の視点に関する考察

―浜寺公園の再生を例に―

 

073-1.gif

平岡憲人・佐藤泰子

 

要約

なぜ、国内観光旅行はつまらなくて、海外旅行はわくわくするのだろうか?バブル期前後に、多くの日本人が海外旅行に出、単なる異文化ではなく、観光地も観光地の周りも観光地への道もが調和した姿で自分の好奇心を刺激される心地よさを感じ、これを基準に、国内の「観光」は見るようになった。いま、日本で観光に行こうと思うと、その目標水準を妥協するか、さもなければ、観光にこれまでとは別の意味を与えるかのいずれかである。改めて、"ポスト・リゾート開発型"の新たな価値の模索が必要ではないか。

「観光旅行」のイメージは、「観光バスで団体行動する旅行」であり、そこには消費者(来訪者)が好奇心を満足しようにも、自己選択を発揮する機会が乏しい。一方で、見知らぬ景色との遭遇、旅先での出会い、ゆっくりとした時間の中で味わうその地の食べ物、におい、光、言葉。こういつた様々な体験によって日頃控えられていた好奇心が刺激され、気分がかわる。そしてまた日常へもどってゆく。これが「旅」である。この「旅」にあるのが、本来の「観光」体験なのではないか。本来「観光」とは、「移動の感覚を伴い、非日常を双方向・多数の感覚・知的チャンネルで体験し、好奇心を満足する」ものであると規定したい。すると、「ちょっと行ってみたくなる場所」が観光地であろうか。「観光旅行」は提供者側の論理が色濃く、「旅」は来訪者側の論理が色濃いとはいえないか。観光を考えるにあたっては、いったん提供者の論理を離れ、消費者(来訪者)の側にたって発想してみてはどうだろう。

元来観光は、もてなしのしかけ・演出に依っている。例として富山県利賀村では、村に至る山道が「日常から非日常への遷移空間」(アプローチ)として機能し、劇場の存在感や周辺環境などが「非日常を深めるしかけ・日常へもどさない仕掛け」(舞台)となり、その上で演劇そのもの(観光の核)を味わえた。その結果、東京の劇場とは全く異なる非日常的な演劇体験を濃厚に楽しむことができた。一方で、このようなしかけ・演出が、日々の経済活動などで崩壊し、観光の核だけが味気なく残って「スーパーのパック刺身」状態?になるのが、日本の観光地の病理である。

ほとんどの観光地において、観光の提供者(地域の人)と来訪者は、住む場所も日々の問題意識も異なり、結果として、どんなものをよいと感じる視点もセンスも異なっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
204位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
55,088

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.国際観光交流促進ワークショップ報告書
2.1998年国際観光概観
3.2000年版 世界観光統計資料集
4.持続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.ウェルカム・イン予約センター 平成8年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から