日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


二席

 

『米欧回覧実記』の社会学的一考察

―欧米の風景がいかに日本に紹介されたか―

 

021-1.gif

山下典子

 

はじめに

高度情報化時代といわれる現在、私たちは、世界各国からリアルタイムで情報を得ることができる。いまや、地球上のあらゆる地域がくまなく映像化され、視聴覚メディアで瞬時に伝達される。たとえ一度もパリに行ったことがなかったとしても、パリの風景としてエッフェル塔が浮かんでくるだろう。そしてエッフェル塔と、東京タワーや通天閣の区別は、たいていのひとびとが可能であろう。また、はじめてパリに行くなら、エッフェル塔に行くことを選択するであろう。いや、行ってしまうであろう。ひとびとは、その前で写真を撮ったりビデオカメラをまわすことだろう。筆者は、このような行動をかつて「思い出の証拠づくり」*1と名づけた。このような行動は、日本人だけでなく世界中のひとびとが、今もむかしも、誰もが一度は経験していることであろう。

「景観」にたいするひとびとのこのような視線は、何に規定されているのであろうか。「景観」と「風景」とは、まったく違った次元にあるものだ。「景観」とは見る対象物であり、「風景」とは、ひとことで定義するならば、歴史的文学や芸術=表現と地理的風土によって生みだされた、見る人にとって自発的な心象・表象である。*2つまり、ある「景観」が「風景」として成立するには、その景観の歴史的・地理的な情報が必要なのである。

はじめて欧米の景観や情況が、正確にかつ客観的に日本人に紹介されたのは開国後のことである。この時期は、初期の情報化社会の到来であると考えられる。しかしそれら情報は文章だけの紹介であり、1870年(明治3年)に刊行され多くの人々に読まれた福沢諭吉の『西洋事情』*3ですら、扉絵にどこの国のものかもわからない西洋建築物を記載しているだけである。その読者たちは文章から西洋諸国をイメージできずに、『福翁自伝』によれば「(『西洋事情』にかかれていることは)西洋のおとぎ話でとんでもないこと」*4として信用してもらえなかったという。

 

*1 拙稿「花博会場内における人々の行動調査からの一考察」『花の万博総合研究会報告書』、花の万博総合研究会編、1991.

 

*2 拙稿「風景の社会学再考―オギュスタン・ベルクの風土理論をめぐって―」『社会学研究 第15号』、甲南女子大学大学院社会学教室編、1997.

 

*3 福沢諭吉『西洋事情』(1870年刊行)『福沢諭吉全集』、1975.

 

*4 福沢諭吉『福翁自伝』(1899年刊行)(新訂版) 岩波文庫、1978. P.315.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
204位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
55,091

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.国際観光交流促進ワークショップ報告書
2.1998年国際観光概観
3.2000年版 世界観光統計資料集
4.持続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.ウェルカム・イン予約センター 平成8年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から