日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


一席

 

台湾からの「北海道旅行ブーム」はどのように生まれたか ?

―デスティネーション・マーケティングの視点からの考察―

 

005-1.gif

平田真幸

 

I. はじめに

 

1. 研究の背景と目的

現在、台湾からの「北海道旅行ブーム」が起きている。北海道庁によれば、1998年度(1998年4月〜1999年3月)に、北海道へ来訪した台湾人客数は、対前年度比77.5%増の93,700人を記録し(表1)、さらに今年1999年1〜6月の間に90往復もの直行チャーター便が就航するなどブームの衰えを見せていない。

台湾人客の急増は単に人数の変化だけでなく、旅行シーズンと来訪地域にも変化をもたらしている。1998年度の季節別台湾人客数は、冬季(12〜3月)が最多の33,700人であるものの、夏季(6〜9月)が29,900人で冬季の人数と大きな差はない。また、昨年度と比較した伸び率では、夏季が135.4%と倍以上となっている一方、冬季は65.2%増に止まった(表1)。

 

表1 北海道への台湾人客数(季節別)

005-2.gif

資料:北海道経済部観光局「観光入込客数調査報告書」(平成10年度版)

注:( )内は、対前年伸び率。

 

1998年度の地域別台湾人延べ宿泊者数では、従来からの旅行の拠点となる札幌市とゲートウェイの新千歳空港を抱える道央が最多で全体の過半数51.3%を占めており、次に道東が27.2%と続いている。しかし、前年度との比較では、道東及び道北は、道央と道南の伸び率を大きく上回る150%前後の増加となっている(表2)。

 

表2 北海道における台湾人延べ宿泊者数(地域別)

005-3.gif

資料:北海道経済部観光局「観光入込客数調査報告書」(平成9年度及び10年度版)

注:( )内は、対前年伸び率。

 

このような北海道への台湾人客増加の背景には、北海道と台湾の様々な組織による誘客活動の努力がある。本研究では、1995年4月から1999年6月までの約4年間にわたり実施された北海道への台湾人客誘致活動について、マーケティングの視点から考察する。考察の順序は、まず、デスティネーション・マーケティング戦略の意義と定義を述べた後、マーケテイングの展開を3つの時期に区分をした上でその経緯を振り返り、最後に、マーケティング戦略の視点から台湾人客誘致活動を包括的に分析する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
204位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
55,088

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.国際観光交流促進ワークショップ報告書
2.1998年国際観光概観
3.2000年版 世界観光統計資料集
4.持続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.ウェルカム・イン予約センター 平成8年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から