日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

少年消防手帳

 事業名 防火活動啓蒙普及
 団体名 日本防火協会 注目度注目度5


4 応急手当のし方

 

けがをしたり急病になったりしたとき、救急車が到着するまでの間、または、医者がくるまでの間、私たちでもできる、おおむね次のような応急手当に関する注意事項を知っておけば、けがや病気などが軽くすむことがあります。

 

(1)切り傷、すり傷

○指や消毒しないもので傷口にふれないこと。

○小さなけがで出血が少ないときは、水道の水で傷口を洗うこと。

○傷口に消毒ガーゼをあてて、しっかりほうたいをすること。

○傷口にかたまった血を破らないこと。

○応急手当のあとで、なるべく早く医者の治療を受けること。

 

031-1.gif

 

(2)骨折

○骨折した部分を動かさないようにすること。

○傷があれば、それを手当してから骨折の手当てをすること。

○上下の関節が動かないように副木で固定すること。なお、副木の代用になるものとして、板棒などが活用できます。

 

031-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,928位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
754

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「ちゃんとけすぞう」防火広報用ポスター
2.「国際化時代に生きる地方公務員に求められる資質と能力に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から