日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


2 試験結果

(1) 水吸引性能試験

水吸引性能試験の結果を表2-1-1及び図2-1-5に、試験状況を写真2-1-3〜写真2-1-4に示す。

水吸引性能試験は、揚程10m、20m及び30mと水平距離10m、20m及び30mの組み合わせで9ケースである。

試験は、揚程10m及び揚程20mと各水平距離との組み合わせ並びに揚程30mと水平距離10mの組み合わせまでは、作業用ホース先端に取り付けられた「アタッチメント」と呼ばれる吸引装置を水中に差し込み、空気はアタッチメントの2次空気口から取り入れ、特に支障なく水を吸引することができた。しかし、揚程30mと水平距離20mの組み合わせにおいて、試験中、水を吸引することが不能となり試験を中断した。この原因として、アタッチメントの2次空気口からの空気の流入量だけでは、水を空気に乗せて吸引することができないものと考えられた。

このため、空気量を増やすこととし、アタッチメントの先端を水面上にやや浮かせた状態で、2次空気口からの空気とアタッチメントの先端からも空気を吸わせながら試験を再開した。この結果、吸引時間は倍以上となったが、水を揚程30mまで吸引することができた。表2-1-1の揚程30m、水平距離20mの吸引時間は、上記2つの時間を加えたものを測定値とし、吸引性能もこの測定値から求めた。

図2-1-5に示すように揚程が一定で水平距離が長くなるほど吸引性能は低下するが、揚程が20、30mと高くなるほど水平距離による吸引性能の低下率は小さくなる。

一方、水平距離が一定で揚程の変化を見ると、当然、揚程が高いほど吸引性能が低くなる。例として水平距離10mでは揚程10mを100%とした場合、揚程20mでは約57%、揚程30mでは約24%と低下し、目安として揚程10mの1/2及び1/4程度の吸引性能となり、揚程による性能の差が顕著に表れる。

 

表2-1-1 水吸引試験の結果

063-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
252位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
41,927

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から