日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究報告書?V

 事業名 油防除資機材の性能の評価及び再評価に関する調査研究
 団体名 海上災害防止センター  


I 調査研究の概要

 

I-1 調査研究の目的

 

海洋環境に大きな影響を与える大規模な流出油事故は、世界各地で跡を絶つことなく発生している。海外では平成元年のタンカー「エクソン・バルディーズ」号事故、平成5年タンカー「ブレイア」号事故、平成8年タンカー「シー・エンプレス」号事故、また、我が国周辺海域では、平成2年の貨物船「マリタイム・ガーデニア」号事故、平成5年タンカー「泰光丸」事故、さらに、未だ記憶に新しい平成9年のタンカー「ナホトカ」号事故、及び同年「ダイヤモンド・グレース」号事故と枚挙にいとまがないほどである。

これらの事故は世界的に地球環境問題の意識の高まりの中で、特に海洋環境の保全について認識を新たにさせるものであった。

大規模な流出油事故においては、あらゆる油防除資機材が使用され防除作業が行われているが、事故の被害を最小化し、海洋環境に与える影響を少なくするためには、その事故の状況に応じた油防除資機材を投入する必要がある。しかし、我が国においては油防除資機材の性能、取扱い等その油防除資機材が有する特性に関する調査研究は少なく、油防除資機材が有する特性を十分に把握しているとは言えない状況にある。

このため、油防除資機材の特性及び効果的使用方法等の調査研究を行い、その結果を取りまとめ油防除関係者に提供することにより、海洋環境の保全及び海上災害の防止に寄与することを目的とする。

 

I-2 調査研究の項目

 

1 油防除資機材の評価手法の確立

海外の調査及び前年度までの調査結果を踏まえ、油防除資機材の評価手法を確立する。

2 油防除資機材の性能の評価及び効果的使用法の検討

1の評価手法により、新型の油防除資機材の性能試験を実施するとともに、油防除資機材材の効果的使用法について検討を行う。

3 専用油防除資機材以外で油防除に有効な資機材の調査

過去、大規模流出油事故の際、ガット船や強力吸引車等、本来別の作業目的を有する資機材を使用し油防除作業を実施しているが、その運用及び使用方法等については確立されていない。このため、これらの資機材を油防除資機材として使用する場合の運用方法及び改善点等について、過去の使用実績等を調査し検討する。

4 マニュアルの作成

本事業で実施した評価試験等により得られた評価及び海外調査で得られた情報を取りまとめ、油防除作業に有効な情報を掲載したマニュアルを作成する。

 

I-3 調査研究の経過

 

本調査研究は、「油防除資機材性能評価調査研究専門委員会」を設置し、さらに当該専門委員会に「物理的処理部会」と「化学的処理部会」を設けて実施した。

委員会等の開催、審議の内容は次のとおりである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
252位
(30,729成果物中)

成果物アクセス数
42,059

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月13日

関連する他の成果物

1.「海上防災訓練」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から