日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

公演チラシ「のらねこハイジ」

 事業名 児童演劇全国離島巡回公演
 団体名 日本児童演劇協会 注目度注目度4


公演チラシ「のらねこハイジ」

社団法人 日本児童演劇協会

平成11年度

mokuji-1.gif

 

平成十一年度 児童演劇全国離島巡回公演

【主催】社団法人 日本児童演劇協会

【後援】文化庁

 

のらねこハイジ

 

作/矢田嘉代子

演出/深海ひろみ

美術/古川幸子・青木貞男

音楽/横山ヤスオ

衣裳/中川文

照明/福井邦夫

効果/作本秀信

振付/逢坂幸広

 

mokuji-2.gif

 

あらすじ

ハイジは人間(にんげん)に捨(す)てられた一人(ひとり)ぽっちの仔猫(こねこ)です。ただメソメソ泣(な)くだけで食(た)べ物(もの)を探(さが)すことも出来(でき)ません。だってハイジは小(ちい)さな家(いえ)から一歩(いっぽ)も外(そと)へ出(で)たことがなく、自分(じぶん)が猫(ねこ)であることさえ知(し)らないのです。

「お腹(なか)がすいたよ〜」

ネズミたちに「や〜い、弱虫(よわむし)!ネズミもとれないまぬけ猫(ねこ)!」とからかわれて、ハイジは、おびえて逃(に)げ出(だ)してしまいました。でも、やはり食(た)べなきゃ死(し)んでしまいます。生(い)きてゆかねばなりません。

大都会(だいとかい)の片隅(かたすみ)で、可憐(かれん)な泣(な)き虫(むし)ハイジが、のら猫(ねこ)の仲間(なかま)に助(たす)けられ、ネズミのチュウ子(こ)に教(おし)えられながら、一歩一歩(いっぽいっぽ)、成長(せいちょう)してゆく姿(すがた)を感動的(かんどうてき)に描(えが)き上(あ)げます。

 

劇団(げきだん) 如月舎(きさらぎしゃ)

 

感想文を送ってください

劇を見て、楽しかったこと、感心したことなど、いろいろあったと思います。自分の考えを原稿用紙3枚までに書いて下記へ送ってください。

 

◆期日

平成12年2月末日まで

◆あて先

〒156-0043東京都世田谷区松原2-39-10-30C

社団法人 日本児童演劇協会「感想文」係

◆賞

応募作品のうち、優秀と思われるものに、つぎの賞をさしあげます。

・個人賞 ・団体賞

◆発表

平成12年4月「児童演劇」誌上

・賞状および賞品は入賞者の学校あてに送ります。

 

心にえいようを !

人はからだのはたらきをよくするために

えいようのあるものをとります。

心をゆたかに美しくするために

本を読んだり、音楽を聞いたり、

絵を見たりします。

いい劇を見るのも、このためです。

いい劇は、いってみれば心のえいようです。

いまからお見せする劇を、たのしくあじわい、

たっぷりあなたのえいようをとってください。

 

社団法人 日本児童演劇協会

会長 内木文英

 

社団法人 日本児童演劇協会

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-39-10-30C

TEL 03-3327-3241 FAX 03-3327-3154

 

 

 

 

成果物の著作権に関するご注意

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,784位
(31,629成果物中)

成果物アクセス数
526

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年1月18日

関連する他の成果物

1.公演チラシ「きつね先生のふしぎ・・・?」
2.公演チラシ「まもるのとなり」
3.公演チラシ「卵をとるのはだあれ−魔女のフィフィ−」
4.公演チラシ「ピアニャン」
5.公演スケジュール
6.公演観劇者数一覧
7.公演劇団よりレポート(機関誌「児童演劇」より抜粋)
8.「平成11年度笹川科学研究助成」募集チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から