日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


●50プラスの政治力

「50プラス(50歳以上)」が政策論議に参画してきたことで、高齢者対策がどう変化するかも注目される。現在、50歳以上は全人口の約27%を占めているが、2031年にはこれが41%になる。1960年代のウーマンリブ世代が高齢時代を迎えたこととも関係して、50プラスの世代には、自分たちのもつ政治力、消費力そして労働力を使って、高齢社会のあり方をリードしようとする姿勢が伺える。これまでの「介護」論に「生活の質」論が加わり、高齢者の健康増進や生涯学習、就業促進などとともに、地域の生活環境のあり方を問い直すといった大きな動きにつながる可能性がある。ブレア政権も高齢者の政治力には敏感に対応しており、50プラス論議の盛り上がりようによっては、次回総選挙以降の高齢者対策に大きく影響することも考えられる。

 

●NPOに期待される新しい役割

最後に、NPOがどのような役割を果たすかも興味ある点である。福祉の民営化にしても、公共サービスの現代化にしても、その原点には行政の限界への認識があるし、同時に多くを民間に委ねてしまうことへの警戒感がある。企業的発想や運営方式とともに、市民性や公益性も保障できるシステムが必要とされている。この意味で、その両面を兼ね備える可能性をもつNPOの役割が注目される。そのためにはNPOがある程度プロ化することが必要だが、あまりプロ化し過ぎてしまうと、その市民性や公益性が犠牲にされかねないという難しい面もある。しかし、NPOの多くはプロ化を目ざして進んでおり、今後は市民性を見失わずにサービスを効率的に提供する手腕が問われることになる。また、行政の役割がより一層管理面にシフトしそうな状況の中で、現場で高齢者と接する機会の多いNPOには、高齢者ニーズを掘り起こしたり、社会保障給付の受給を確認したりといった、セーフティネットとしての新しい役割も期待されるようになるだろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
166位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
80,350

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から