日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


具体的なねらいとされているのはつぎのような目的の達成である:

※市民は自治体や医療機関がどのようなサービスを提供し、それをどう利用できるかを理解している

※市民は自治体や医療機関から期待できるサービスレベルについて正しく理解している

※利用者や介護者はサービスについて不満があればどうすればよいかを理解している

※自治体と医療機関の連携が進み、より調整のとれた効率的サービスが提供できている

※利用者は自分が果たすべき責任について正しく理解している

※利用者と介護者は地域の憲章づくりに参加し、期待していたサービスの満足度や改善点について意見を述べることができる

これらの内容からわかるように、「利用者(ユーザー)」と「介護者」への支援とエンパワメント(パワーを与える)がとくに強調されている。すなわち、利用者や介護者にすべての情報を提供し、何が可能で何が不可能かを正しく理解されるようにする。利用者との共同作業で達成すべきサービスレベルを決め、それがどれだけ実現できたか、どこをどう改善すべきかを利用者と行政サイドが一緒に考える。こうすることで利用者と介護者は権利と責任を正しく理解でき、同時に行政は地域内でのサービスレベルの達成度合いをチェックし、サービス改善を継続的に行うツールとしても活用することができることになる。

 

●憲章の内容

憲章の中ではつぎの6つのテーマについて、サービス基準と達成目標レベルを設定することとされている。:

※地域で利用できるサービスについての理解

※利用者および介護者のニーズの把握

※居住場所の確保

※在宅での自立生活の支援

※適正な医療ケアの確保

※介護者への支援

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
78,647

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から