日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


◆1990年コミュニティケア法による高齢者サービスの改革

1990年コミュニティケア法では、「高齢者ができるだけ在宅あるいは家庭的な環境の中で生活できる」ように支援することが新たな目標として設定された。地方自治体ではまず高齢者のニーズを判定し、高齢者の選択と意志を尊重しながら、個々の高齢者に最も適したケアパッケージを用意しなければならなくなった。また、自治体の内部機能が「サービス購入」と「サービス供給」に分割され、外部に独立セクターを育成してケア市場を開拓することが自治体の義務の一つに加えられた。これを具体化するために、政府から自治体に提供されるコミュニティケア資金のうち、85%は外部からのサービス購入に充てることが強制された。

改革の初期の段階ではこうした政府措置に抵抗する自治体もあったが、現在ではこのコミュニティケアの理念と方法論はかなり普及し、民間セクターとのパートナーシップによるサービス提供への転換が進んでいる。

 

◆ケアマネージメント

コミュニティケアの最初の段階となるのが介護ニーズの判定で、高齢者本人や家族、一般医、訪問看護婦、NPOなど、さまざまなところからニーズ判定の依頼が寄せられる。各自治体では独自の介護基準をもって介護ニーズを判定し、要介護となればそのケースを担当する「ケアマネージャー」が決められる。多くの場合はソシャルワーカーがケアマネージャーとなるが、医療面でのケアが必要な場合などには、訪問看護婦などがケアマネージャーになることもある。ケアマネージャーは高齢者本人や家族、一般医、地域看護婦、NPOなどと協議し、手持ちの予算に照らしながら、個人にもっとも適した「ケアプラン」を作成する。そして、それに必要なサービスを病院や家庭医、訪問看護婦、自治体の社会サービス、民間業者、NPOなどから購入する。手持ちの予算に限りがあるため、ケアマネージャーはできるだけコスト安のサービスを購入することになり、この段階で例えば自治体と民間業者のホームヘルプの価格が競われることになる。

 

◆在宅ケアサービス

在宅ケアサービスとしては、ホームヘルプ、デイセンター、食事サービス(配食およびランチクラブ)および施設ホームでのショートステイといったサービスが用意されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
78,647

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から