日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


一人暮らしであろうと、同居者があろうと、大半の人々は家族や社会福祉サービスから十分に見守られた生活を送っている。彼らにとっての中心的な介護者は、3人に2人以上が「自分より若い人(子どもが多い)」であり、4人に1人が「配偶者」であると答えている。しかし5人に1人は、医療ケアを受けている期間に福祉サービスを利用したり、介護者を雇ったと回答している。

在宅医療ケアを受ける高齢者は、在宅維持支援サービスを受けることもできる。このアンケート調査では、2人に1人が家事ヘルパー(ないし家庭雇用者)の援助を受けていたが、特に一人暮らし高齢者ではこの割合は高い(72%)。また10人に1人は食事宅配サービスを、4人に1人は運動療法士の治療を受けている。

在宅で医療ケアを受ける人には在宅維持のための支援があるにも係わらず、自宅と病院の往復回数は多い。過去1年に満たない間に在宅医療ケア・サービスを受けたことがある者は、10人に1人がその後で入院している。逆に在宅医療ケアを終えた者の場合は、半数以上が入院している。しかし治療を終えた後に高齢者施設に入所する人は7%に過ぎない。その意味では在宅医療ケア・サービスの機能は果たされているといえよう。すなわち自宅で治療することは、施設入所の前段階となっているわけではない。在宅医療ケアでは、家族の協力、各種の在宅維持サービス、家庭を訪問する開業看護婦などによって支えられているのである。

 

図表36:高齢者施設別 重度要介護入所者の割合(1996年)

046-1.gif

 

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
78,647

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から