日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


第2章 フランスの高齢者福祉医療対策

 

フランスは早くから高齢化社会となったが、本格的な高齢者対策がなされるようになったのは、高齢者問題研究委員会のラロック報告書(1962年)が出されてからである。この報告書にみられる高齢者の自立した生活を支援するという理念は、現在でも高齢者福祉医療政策に引き継がれている。

フランスの65歳以上人口は930万人であるが(1999年)、その大半が自宅で生活していることから(94%)、高齢者福祉医療政策では全国的に在宅維持のための対策を優先させていると言える。また今後の人口高齢化によって、さらに増加すると予測されている自立を失った高齢者のための対策が重要課題の一つとなっている。

011-1.gif

地域の福祉医療に関する改善計画などは主に県レベルで行われるが、高齢者に社会福祉サービスを直接提供しているのは市町村レベルの福祉事業センターである。地域内での高齢者福祉政策に関しては、県の高齢者医療福祉プラン、退職者・高齢者県委員会が大きな役割を果たしている。またフランスでは、在宅維持支援サービスの提供、高齢者のための施設の運営、高齢者関連組織などには、自治体や1901年協会法に基づく非営利目的協会(NPO)が多く携わっていることが特筆される6)

 

図表9:年齢グループ別高齢者人口 (1990年)

011-2.gif

出所:Insee

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
163位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
78,833

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から