日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進国における最新の高齢者対策−フランス・イギリス−

 事業名 少子・高齢社会対策推進のための調査研究等
 団体名 エイジング総合研究センター 注目度注目度5


誕生した子どもが非婚カップルから生まれたケースの割合は39%であるが、第1子の場合には53%が非婚カップルから生まれた子どもである(1996年)。非婚カップル240万組のうち110万組には子どもが少なくとも1人はおり、そのうちの半数は2人以上の子どもがいる(1998年)。従ってフランスでは、出生率の減少は、婚姻率の低下が直接的な理由となっているとは見るべきではないと言えよう。

 

図表6:世代別平均初婚年齢と非独身率

007-1.gif

注:非独身者とは、婚姻ないし非婚カップルを形成している者をさす。

出所:INED

 

3 深刻化する高齢社会

 

フランスは、世界で最も早く高齢化を経験した国として知られている。19世紀を通して死亡率が低下したのと同時に出生率も低下したために、人口の高齢化が進行したのである。今世紀初頭にはすでに60歳以上人口の割合は約13%となったが、日本がこの水準になったのは1970年代半ばである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
162位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
78,647

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.東アジア地域/高齢化研究−都市の少子高齢化研究<総括編>−
2.高齢化先進国における福祉財政に関する調査研究報告書
3.STATISTICAL ABSTRACTS OF AGING IN JAPAN
4.江戸川区高齢者・子育て世代の移動実態調査報告書
5.平成12年短歌募集要項
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から