日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


192-1.gif

図8・6 VLF波の導波管モードの伝搬

 

超長波はこのようにして、少ない減衰で地球の裏側までも達することができる。ただし、その伝搬上の減衰は、地球の磁場を横切るときに影響を受け、赤道に平行に東回りは減衰が少なく、西回りは減衰が多い。南北方向の伝搬は影響はない。

長波(LF)帯の伝搬は超長波帯よりはむしろ、中波帯の伝搬に近いので次を参照されたい。

 

8・4 中波の伝搬

 

中波(MF)帯の電波の利用は、比較的近距離では地表波の伝搬が主体であり、中距離ではE層での反射の電離層伝搬が主体になるが、短波ほどは遠くまでは届かず、昼間はD層での減衰が大きくE層の反射波は極めて弱い。夜間はD層の減衰が少なく、ときには数千kmまでE層の反射波が伝搬することがある。近距離での地表波は昼間は安定であるが、夜間はE層からの反射波が比較的近距離でも受信されて、地表波と干渉し、フェーディングを生ずるが、両波の強度が等しい地域では、強いフェーディングになる。

地表波は、大地上の空中線から放射した電波の電磁界によって大地に電流が生じ、この電流によって大地の近くに電磁界を生じて、大地の表面に沿って伝搬する電波である。この地表波の強度は地表から離れるに従って急速に減衰する一方で、空間に放射された電波は、大地の湾曲に沿って回折し、この回折波は受信空中線が高いほど、大地の回折損が少なく、その強度が強い。こうして球面大地での見通し距離外のところでの大地付近の受信点での電界は、地表波と回折波の合成から成り、地上からある高さまではその電界強度は大きな変化はない。受信空中線が高くなると、地表波は減衰して、回折波が強くなり、高さが更に高くなると見通し距離の伝搬となる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
357位
(34,974成果物中)

成果物アクセス数
32,430

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月20日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験・検査編・中級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概論編・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
13.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
14.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト強電用)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト弱電用)
16.船舶電気装備資格者名簿
17.都井岬灯台資料展示室写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から