日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第6章 集積回路

 

6・1 集積回路の概要

 

集積回路(Integrated Circuit)は英語の頭文字をとってICと呼ばれており、わが国においても集積回路というよりICと呼ぶほうがより親しみやすくなっている。したがって本書においても以後ICと記述するものとする。ICは第2章と第3章で述べたトランジスタやダイオードなどの半導体を、その関連の電子回路とともに極めて小型にまとめて、一体として作りあげた電子回路である。JISC5610(集積回路用語)によれば、集積回路とは、「二つ又はそれ以上の回路素子のすべてが、基板上又は基板内に集積されている回路であって、設計から製造、試験、運用に至るまでの各段階において、それを一つの単位として取り扱うものをいう」としており、現時点ではそれを作るのに半導体技術と膜製造技術が用いられるとしている。

ICの分類には、幾つかの分け方がある。まず、製造技術的にみると上の定義のように半導体技術によるものと膜製造技術によるものとがあり、

(1) 半導体集積回路あるいはモノリシック集積回路

(2) 膜(薄膜又は厚膜)集積回路

(3) 混成集積回路

に分けることができる。半導体ICとモノリシックICとは定義的に若干異なるが、半導体ICの大部分が後者であるとすることができる。モノリシックとはギリシャ語で、単体mono=singleの石(lithos=stone)という合成語に相当する。すなわち、シリコンの単結晶からなるICという意味である。これに対して、薄膜ICあるいは厚膜ICは基板上に構成される回路素子とその接続が薄(厚)膜で作られている回路をいい、混成ICはそれらの混合したものということである。

混合ICは、ハイブリッド(hybrid)IC又はHICと呼称され、その定義は「絶縁基板上に膜の形で導体及び抵抗を形成し、これに半導体素子やICを実装して一体化した集積回路」となっている。しかし、近年、抵抗のチップ化等により、上記の定義文は「……導体及び抵抗……」が「……導体あるいは抵抗……」へと、HICの概念は拡張されてきている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
356位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
32,373

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験・検査編・中級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概論編・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
13.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
14.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト強電用)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト弱電用)
16.船舶電気装備資格者名簿
17.都井岬灯台資料展示室写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から