日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編・初級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8・2・2 液体

 

液体にも変圧器油のように導電性のないものと、食塩水のように導電性のあるものとがある。食塩水の場合は、食塩(NaCl)を水溶液に入れれば、正に帯電したナトリウムイオン(Na+)と負に帯電した塩素イオン(CI-)とに分離し、水溶液中の電極間に直流電圧を加えると、Na+は陰極の方へ移動し、陰極の負電荷と中和し、CI-は陽極の方へ移動して陽極の正電荷と中和するために、食塩水中に正負両電荷の移動による電流が流れる。(4・1参照のこと。)

以上液体の電気伝導の一例を述べたが、要するに溶液中に正・負の電荷ができると電流が流れる。その流れ具合は、正負両荷電体の濃度とその動きやすさの積に比例し、また、その温度が上昇すると、電気抵抗が減少する傾向があるので、温度係数は一般に負であるといえる。この溶液(電解質の溶媒といっている。)には水のほか、アルコール、過酸化水素、液体アンモニア等がある。

 

8・2・3 固体

 

固体導電材料は、機能面からは導電材料、電線材料、抵抗材料及び特殊導電材料などに大別されるがその用途によって細かく分類すれば次のようになる。

 

(1) 導電材料

 

(a) 銅 銅は銀についで体積抵抗率が小さいものであるから、電線材料の主流をなす、普通の電線、ケーブル、コード等に使用する銅は軟銅線であって、導電率は98〜100%である。このほかに、硬銅線又は半硬銅線等があって、送電線や架空トロリー線などに使用され、導電率は96〜97%である。

(b) 銅カドミウム合金 銅にカドミウムを1.2〜1.4〔%〕を加えたもので、引張強さ45〜65〔kg/mm2〕、導電率85〜90〔%〕である。送電線、架空トロリー線、通信線、空中線、バインド線等に用いる。

(c) リン青銅 極微量のりんを含んだ銅に約10〔%〕以下の錫を加えたものである。引張り強さ30〜80〔kg/mm2〕導電率30〔%〕以下である。導電性のばね材料としてスイッチ計器類等に用いる。

(d) 銅ベリリウム合金 銅にベリリウムを約2〔%〕加えたものである。導電率は25〔%〕程度であるが、常温加工、熱処理などを適当に行えば、引張強さ130〔kg/mm2〕に達し、弾性が大きく、温度が 350〔℃〕に達しても物理的変化がなく、耐摩耗性、耐食性にすぐれている。その故に、スイッチの接触部、点溶接機の電極、その他りん青銅に代って使用されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
611位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
18,021

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験・検査編・中級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概論編・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
13.通信講習用船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
14.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト強電用)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト弱電用)
16.船舶電気装備資格者名簿
17.都井岬灯台資料展示室写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から