日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


儀式の当事者たちは、儀式の中で、それぞれの役割を演じている。婚礼も葬儀も、パレードをともなうので、一連の儀式の舞台は、住まいの中だけではおさまらない。まちも、パレードの通り過ぎるほんのいっとき、花嫁と花婿の、そして死者と残された家族のための舞台となるのである。さて今回は、儀式に反映される空間に関する秩序に着目しながら、一九九八年九月におこなわれた婚礼の過程を通観していこう。(図1])

 

◎新婚の家◎

婚礼の数日前、一通の招待状が届けられた。紅色の紙片に金の筆文宇で書かれた、とても簡単なものだが、結婚式のおめでたい気分が伝わってくる。時計の修理店を営むH氏の次男が結婚するのだ。彼の家は、城壁外の新興住宅地にある。ごく最近建てられたばかりの真新しい住宅は、中庭を挟んで、前後(南北)に一棟ずつ建物が建てられている。正房は、一庁四室というタイプで、東奥の部屋にはH氏の妻の母親が住み、東手前をH氏夫妻が使う。そして、これから新婚生活を送ろうとする次男夫婦のために、西の二室が整とんされている。すでに結婚している彼の長男と、未婚の三男は、別の場所に暮らしている。コックの修行中である三男は、他の七人の仲間と三日三晩続く祝宴の料理を作ることになる。南側の棟は、倉庫やトイレにあてられている。(図2])

 

◎喜びを演じる人びと◎

婚礼の主役は、もちろん花嫁と花婿だが、その他にも多くの人がそれぞれの役割をにない、喜事の脇役を演じる。

婚礼の前日には、親族が続々集ってきて、婚礼準備の手伝いを始める。H氏の叔父、叔母、二組の弟夫婦たち、その娘や息子。H氏の妻側の親類など十数名にのぼる人数だ。

新郎の親友たちもかけつけて、婚礼行列の先頭に立って、お祝い事にはつきものの爆竹を鳴らす係りをかってでる。

総関とよばれる、儀式や祝宴を取り仕切る二人の男性もやってくる。総関には、教養があり、葬儀、婚礼を問わず儀式の進行に関する深い知識をもつことで一目置かれている人が頼まれる。彼らは、無償で三日間にわたる婚礼の一切を取り仕切る。媒人あるいは介紹人と呼ばれる仲人の働きをする男性も重要な参加者の一人だ。現代の日本と同じように、恋愛で結ばれたカップルも、婚礼のときには仲人をたてるのが一般的な傾向である。婚礼の日取りは、風水先生に見てもらうが、婚礼そのものには姿を見せない。婚礼行列を運ぶ運転手も呼ばれている。たいてい友人や知り合いに頼むから、基本的には、金銭の授受は発生しないようだ。使われる車は、アウディや紅旗などの高級車が中心だ。

 

066-1.gif

図2]H家見取リ図

A・祭壇の置かれる場所

B・新郎新婦の最初の食事がおこなわれるテーブルの位置

a・紅い旗が挿される場所

b・大街門を出たところにも、めでたい言葉の書かれた紅い紙が貼られる

c・大街門は、喜聯や紅い提灯で飾られる

d・係の表が貼られる場所

e・妨忌単の貼られる場所

f・嫁入り道具のリストが貼られる場所

9・嫁入り道具が来るとき、および花嫁が来るときに爆竹が鳴らされた場所

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
195位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
61,852

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から