日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

自然と文化 第63号「御幣」

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


越前・若狭における舞と神事の御幣……坂本育男

 

029-1.gif

日向神社(綱切り)と拝殿の柱に縛り付けてある御幣

 

越前は何かにつけて真宗門徒の地とされる。周囲が門徒ばかりだと、そうでない人も正月の注連縄や山の神に関心を持たないらしい。修験者たちも神仏分離の後では多くが神職に変わり、進んで標準的な神道の祭祀方式を受け入れ、普及させたのではないかとさえ思う。

越前に印象深い御幣があっただろうか、わたしはしばらく考え込んでしまった。

神業の大道具……最初に思い出した御幣は、丸岡町長畝(のうね)の日向(ひゅうが)神楽に使われるものだった。日向神楽は丸岡へ転封になった有馬氏が故地の日向延岡から伝えたものという。高千穂の神楽と同じように高天原の神話を内容にし、十数段の演目が演じられる。着色した紙で作ったさまざまな舞御幣が使われるが、各し地に見られるものだろう。それに比べると「注連(しめ)」で使われる御幣は際だっている。

日向神楽は単純化された動きや面が作り出す雰囲気が、見る人を引き込まずにおかないのだが、なぜか見学に来る人が少ない。そしてかなり大きなものにも関わらず、「注連」の御幣もほとんど注意を引かない。

神歌が「注連建てはここも高天の原也や集り給え万代の神」というごとく、この御幣は八百万の神々の依代である。二本が作られ、外に向けて拝殿の柱に荒縄で縛り付けてある。宵宮ではいくつもの演目が行われるのに、この御幣には照明もあたらず、翌日の午後、「注連」が演じられるときだけ欠くことのできない大道具になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
194位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
61,565

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書
3.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
4.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
5.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から